dtvチャンネルとdtvの違いを比較から学んで上手に申し込もう

動画配信サービス

dTVチャンネルとdTV、何が違うの?
どちらも同じような動画配信サービスじゃないのか?

そう混乱しそうな新しいサービスがドコモから発表されました。

今一つピンと来ないその2つの違い。
少しまとめてみました。

dtvチャンネルとは

dTVチャンネルとは何かという基本部分から。

dtvチャンネルの基本情報

「dTVチャンネル」は、スマートフォンやタブレットとインターネット環境があれば、日本初※3提供の「ソニー・チャンネル」をはじめ、「ディズニージュニア ライト」など30以上の専門チャンネルが、いつでもどこでも見られる、定額制見放題サービスで、2018年1月に提供いたします。

参考資料:https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2017/10/18_03.html

簡単に言えば、リアルタイム放送チャンネルが30チャンネル用意されたサービスだと思ってください。

dTVは動画を視聴するためのサービス、dTVチャンネルはリアルタイム視聴のためのサービスです。

dTVチャンネル

視聴できるチャンネル・コンテンツ

dTVチャンネルで視聴できるチャンネルには、以下のものが用意されています。

ジャンルチャンネル名
海外ドラマ・映画ソニー・チャンネル
映画ザンマイ!
アニメ・キッズディズニージュニア ライト
BOOMERANG
ニコロデオン
プリプリ☆キッズステーション
エンターテインメントプチフジ
TBSオンデマンドチャンネル
エンタメ~テレ☆バラエティ SELECT
MEN’S NECO
ファミ劇Neo
ひかりTVチャンネル1
Kawaiian TV
音楽iBEYA
MTV MIX
韓流KBS World
あじどらはん~韓流・華流・エンタメTV~
Kchan!韓流TV
趣味囲碁プラス
将棋プラス
ダンスチャンネル by エンタメ~テレ
MONDO麻雀TV
タビテレ
釣りビジョンPlus
ドキュメンタリーナショナル ジオグラフィック
ヒストリーディスカバリー・ターボ
ニュースTBSニュースバードEverywhere

中でも「ソニー・チャンネル」は日本初提供のチャンネルで、dTVチャンネルでしか視聴できません。

テレビ接続視聴可能

ドコモテレビターミナル」という別売りの機器を購入し、端末とテレビの間に挟めば、自宅のテレビで楽しむ事もできます。

スマホやタブレットじゃなく、もっと大画面でジックリ楽しみたいな・・・と思うコンテンツを思う存分大画面で楽しむ事ができます。

dtvチャンネルとdtvの違い比較

dTVチャンネルdTV
配信方法 ネット回線ネット回線
配信形式 リアルタイム放送動画配信

料金設定については、下記で別途解説しています。

配信方法

ネット回線を利用した配信方法ですので、ネットに繋がる端末(スマホ・タブレット・PC)での視聴が基本となります。

別売りの「ドコモテレビターミナル」を購入すれば、テレビに接続して視聴する事ができます。

配信形式

dTVは動画を視聴するためのサービスで、dTVチャンネルは今放送中の番組を見るという違いがあります。

dTVチャンネルの利用料金

dTVチャンネルの利用料金には、ドコモユーザーなのか、ドコモユーザーではないのかの違いがあります。

また、dTVも一緒に加入するセット料金という別途料金設定があります。

dTVチャンネル料金表

ドコモ回線をご利用中のお客さま 左記以外のお客さま
dTVチャンネル780円1,280円
dTVチャンネルとdTVセットの料金980円1,480円

dTVチャンネルの基本料金はいくら?

捉え方次第ではありますが、僕の解釈ではこうです。

dTVチェンネルの基本料金は1,280円です。
そしてdTVチャンネルを利用している方は、追加料金200円でdTVも楽しめるという捉え方です。

ドコモユーザーの場合、それらが500円安くなる。

そういう料金設定だと捉えています。

ドコモユーザーさんは加入して損はないと思います

ドコモユーザーか否かで料金設定が変わり、月1,000円以下の支払いで、dTVで視聴できる動画コンテンツと、dTVチャンネルで視聴できる30のチャンネルが楽しみ放題です。

ドコモユーザーさんはかなりお得だと思いますよ。

無料期間

無料お試し期間が7日間用意されています。
また、キャンペーン期間中は31日間に拡大されます。

dTVとdTVチャンネルの違いまとめ

dTVとdTVチャンネルの違いはどこにあるのかをギュッとまとめるとこうなります。

  • 動画を視聴するサービスがdTV、テレビのように多チャンネル放送を見るサービスがdTVチャンネル

それ以外に大きな違いはありません。
ネット回線がつながる端末を利用しますので視聴方法は同じですしね。

ただ、視聴できるコンテンツには大きな違いがあります。
dTVチャンネルはトレンド色が強い内容を楽しめます。

例えば、dTVチャンネルでしか視聴できないソニーチャンネルは、最新の海外ドラマや映画を24時間ぶっ通しで視聴できます。

動画コンテンツとして配信される前の最新作を視聴できますので、ドラマファン、映画ファンの方は飽きる事がないチャンネルです。

ANIMAXは名作アニメから最新のヒット作までをぶっ通しで視聴できますし、MTV MIXは最新の音楽トレンド作を視聴できます。

とにかく最新のコンテンツに触れたい、忘れてしまっているような名作を見たい。あなたのそのような要望にガッツリと応えてくれる内容になっています。

一度チェックしておいて決して損はありませんよ。

 

動画配信サービス
おことわり

このページの情報は投稿日時点のものです。
お手数ではありますが、最新の配信状況は各サービスの公式サイトにてご確認ください。

VOD比較案内所 【ぼどふぁん】